クモノカタチ

山から街から、雲のように思いつくままを綴ります

ご接待は受けたいですか?

「みなさんは接待を受けたことがあるでしょうか?」

唐突な質問を投げかけてみた。

接待とは。辞書的には「客をもてなすこと。湯茶や食事をふるまうこと」となる。つまりお茶でも白湯でも接待には違いない。

しかし、一般的に接待と言えば飯を食うことで、大抵は飯も高級飯。下戸でなければ酒も付く。

最近国会で接待が騒がれている。

何を食ったまで国会で問うのはどうかと思うが、他人が美味いものを食っているというのは感情的に許せないみたいだ。

f:id:yachanman:20210304192618j:plain

これは接待ではなく自分で払ったホテルステーキ

 接待はするのもされるのも多いに気を遣う。

本来、酒を酌み交わし、忌憚なき話をするための接待なわけなのに、誰のグラスが空いているかとか、この皿は向こうにも回さないととか、今日は接待される側だからあまり世話を焼くのは余計だとか。まあいろいろ考えるから何を食べたのか記憶にも残らない。

 

山崎豊子華麗なる一族』では銀行が官僚にご接待をするシーンがある。

当然、ただ飯を食わせるだけでなく芸者をあげての宴会。芸者に川を渡る真似をさせる。

これだけだと何のことかわからない。

渡る川は最初、くるぶしくらいまで。それが膝下になり、膝上になると、芸者は濡れないように着物をたくし上げ、さらに水かさが増すと...という仕掛けである。

アホらしいんだけど、これが高級接待だったんだろう。高級飯だけでなく、こんな接待なら受けたいかというと、第三者的に鼻の下を伸ばした自分を想像して嫌になった。

 

今、国会でわいわい言っているのは7万円くらいの高級飯らしい。

別に他人が何を食べようとどうでもいいが、みんな気疲れして供された高級食材はきっと記憶にも残されてないだろう。

私もまだ新人の頃は、「一食浮く!」という一念で耐えていたが、食欲も落ち着いた今は何も気を遣ってまで飯を食いたいと思わない。

そもそも、「接待はされたいものかい?」と問いたくなる。

f:id:yachanman:20210305070939j:plain

キャンプでのご接待ステーキとワイン



山と渓谷』が作家・椎名誠さんに原稿を依頼した際、高級クラブの接待は無理と考えた編集者・三島悟氏はキャンプで接待したらしい。

 キャンプならちっちゃいお猪口とか、氷ばかりのグラスで注いだり注がれたりをやらないでいいから、接待もさぞかし楽だろう。デカいタンブラーかシェラカップにゴボゴボ注げばいいのだ。

椎名誠も著書で、編集者(ヤマケイやアウトドア雑誌と別の)をキャンプに連れて行くと、お酌を始めて困ると書いていた。

そういうわけで、接待ならキャンプに行きたいということで結びにする。

労働と残業代のバランスとは?

最近、職場で早く帰れと言われる。

私は定時でスパッと仕事を切り上げて、アフターファイブはボルダリングかジョギングなんかして、週末は登山かサイクリングを楽しむのだ、と誓って就職した。それが、豈図らんや定時で帰ることの方がマレという状態だ。

一体何を間違ったかと思う。

 

残業をすると残業代というものが支払われることを入社してから8年くらい知らなかった。

まあ大学時代に労働法をなぜか勉強していたので、知ってはいたけど実際に申告したことがなかった。今は労務管理がうるさくなっているので、サービス残業はなくなったが、まあ残業が多いのには違いない。

 

f:id:yachanman:20210304065241j:plain

世に残業代が欲しいから残業をするという人がいるという。

もちろん収入はそれぞれバラバラで、支出もバラバラ。子どもが何人かいて、家と車のローンもあって、収入も厳しいとなればそれなりに稼がないととなるのかもしれない。

仕事が楽しくて、お金も稼がないといけないし、残業できたら一石二鳥となるなら構わない。

ところが多くの場合、残業代稼ぎの残業をしている人が幸せそうに見えないのはなぜだろう。

 

1日7時間か8時間の労働というのは理にかなっている。

私は受験生時代、つまり十代の最も集中力のあった時期でも8時間くらいの勉強が限界だった。実際は頭をあまり使わない暗記モノとかを挟んでもうちょっと勉強しているフリをしていたが、8時間ガッツリやるともう使い物にならない。あとはテキストをボーっと眺めるだけである。

凡人の私がサンプルになるかわからないが、10時間以上の労働というのは生産性が明らかに落ちる。

それに楽しくない。

余程好きな仕事でないと残業は捗らないし楽しくないのだ。

楽しくもない労働に残業代が見合うのか。残業をすると余計に金を使わず、遊ぶ時間もなくなり、金は貯まるが楽しみがない。

今の私にとって最大級の葛藤である。

 

残業代は平常賃金の25%増しになる。25%増すのは25%辛いということだ。それが10%くらい辛いと感じるなら残業すれば良いし、50%苦痛となればやらないほうがいい。

私はというとバリバリ働いて、存分に遊ぶというのが理想だったわけだが、今日もトロトロ、ダラダラ仕事を続けるのだろう。

正しいキャンプを考える

3月になった。

思えば去年の10月に谷川岳へ行って以来、テントで寝ていない。キャンプ欠乏症である。

キャンプの何がいいかと言えば、家を持ち運ぶところにある。

「ああ、今日は家に帰らなくても寝るところがある」

という感覚が心地よい。

それと生きるのに必要なものは案外少ないことに気づける。その気になれば40ℓのバックパック一つで暮らせるのだ。

その気づきだけでキャンプをする価値がある。

f:id:yachanman:20210303065229j:plain

熊野古道でのキャンプ



前置きはこれくらいにして「正しいキャンプ」を考えてみたい。

①人力でアプローチする

別にオートキャンプを非難するわけではない。

しかし、自分で背負えないものは持たない方がいい。

 

②焚き火は必要

できれば直火。

管理されたキャンプ場ではほとんど無理だけど、原始からの営みとして火わ欠かせない。

登山ではなかなかできないんだな(国立公園内は焚火禁止だったりする)。

 

③水の音が聞きたい

水場は必要。

ただ、それが水道というのもどうかと。柔らかなせせらぎの音というのが理想だ。

滝の隣というのもうるさいから湧水くらいがちょうどよい。

 

④あと必要なのは本

「良書と酒さえあれば他はいらない」と野田知佑さんは書いていた。

特に1人で語る相手もいなければ持たない。逆に良書があればこの一晩を過ごせる。

ついでに酒があればなおいい。

 

ただ、私も一昨年オートキャンプに行ったらこれが面白かった。オートキャンパーの会話というのも面白い。

「この間いいゴミ箱見つけたんだ」

などと盛り上がるそうだ。

「ゴミはさっき食べたアルファ米の袋にしよう」なんて言うのと大違いである。

まあ、質素キャンパーも望めばいろいろあるけど、いろいろ望まないでいいのがキャンプのいいところである。

金の浪費と人生の浪費

給付金の再交付が求められているらしい。

去年配った10万円を使って何かをした人は少ないように思える。事実、家計の預貯金は上がったというのだから、経済効果はあまりなかったのかもしれない。

まあ思うことは他にもあるけど、ここでは止しておこう。

 

先日「探偵ナイトスクープ」を見ていたら、10万円の給付金を激辛レトルトカレーに費やした男性が出てきた。なんでも激辛カレーを期間中に最も買った人には「激辛王」の称号の入ったガウンがもらえるのだとか。

すばらしい。しっかり、給付金を使っている。

「買ったものが食料品だから、給付金がなくても買っていたのでは?」

などと言ってはならない。

いい大人が紫色の趣味の悪いガウンを求めて必死になるというところがいい。

 

野田知佑さんは、『ユーコン漂流』で川下りの途中、村でカジノに寄っている。そして滞在最終日にルーレットで10万円ほど当てた。

物欲のない人があぶく銭を手に入れるとどうするか。

「こういうものは定期預金などにせず、できるだけくだらないことに使うべきである」

野田さんは酒屋に行き、一番高いナポレオンのブランデーを買った。そればかりでなく、酒を積み過ぎて乗っているカヌーが沈みそうになったので、食料を周囲の者に分け与えてしまう。その後、案の定食料は足りなくなったので、魚を釣り、鳥を打ち落とし、酒を知り合ったものに注ぎながら旅を続けた。

野田さんの真骨頂は真剣に遊ぶことだ。

予定調和に旅を終わらせる気がない。遊びはくだらないからいいのであり、真面目に遊ぶから楽しいのだ。

f:id:yachanman:20210302071538j:plain

 

思うに現代経済の中心は無駄なことにある。

外食も旅行も無駄な支出だ。ただ、無駄なこと、くだらないことをしないと人生そのものを浪費してしまう可能性がある。

アフターコロナの意味とは

利尻で知り合ったアメリカ人が来た。文化や育ちの違う人と話すのは刺激になる。

「コロナによってたくさんの人が亡くなっていると言うけれど、コロナがなかった場合に亡くなった人数と比較しないと意味がない」

蓋しその通りである。人間の死亡率が100%である以上、コロナが発生しなくとも人は何かしらの要因で死ぬ。

このあたりが災害でたくさんの人が亡くなることとの違いだ。

 

「コロナで通勤しなくてもよくなった。おかげでぼくは片道45分、往復1時間半を他のことに使えるようになった」

満員電車の通勤は苦行だ。なぜその苦行を強制し続けていたのか。

通勤しなくても仕事になるのなら、今までの苦労は何だったのだろう。

「コロナのおかげで立派なオフィスは必要ないことがわかった」

ホント、高い家賃、ランニングコストを払って企業は何を手に入れていたのだろう。「見栄」なのか。これまでは霞ヶ関に近ければ官庁とのコネクションが築けたかもしれない。しかし、今はZOOMでも「会う」ということになっている。

世界中どこにオフィスがあってもいい。

f:id:yachanman:20210301072901j:plain



大変大変と去年から言われている。

確かに大変な変化が起きた。外食は減り、遠出はできず、給料は減り。

暗い話ばかりだ。

しかし、悪い話ばかりでないではないか。これまでだったら「社員がサボるかもしれないから」という理由で後ろ向きだった在宅勤務も一般化した。変化を嫌う日本企業も変化せざるを得なくなった。外食産業が冷え込む中で、ウーバーイーツの箱を背負った人をよく見かけるようになった。

世の中は常に悪いように進んでいると考えていると自分の人生そのものがつまらなくなる。人生そのものが今を流れる時なのだから。

 

コロナは今の価値観から脱皮するきっかけを与えてくれた。アフターコロナに何が待っているかわからないが、価値観は定期的にスクラップ-アンド-ビルトされるべきなのだ。

"Thank you corona"

そのアメリカ人は言った。

高校、大学は行く価値があるか?

今、勉強欲が少し出てきている。

この突発性勉強欲は不定期、所かまわず起きる。要するに好奇心の赴くままなので、役に立たないものにむやみに手を出している。

大学時代は、法律・経済・化学(理系向け)・地学・スポーツ科学・美術史・古文書学など、何が専門かわからない学生となっていた。

ちなみに専門は歴史。就職後に役に立ったのは化学(高圧ガスの資格のため)、法律(民法と労働法をやっていたら案外使うことがある)。

「古文書が役に立つのか!」というツッコミもあろうけど、先日仕事で古い戸籍を見ることがあり、崩し字を読めたことで戸籍同士のつながりを確認できたりした。

どこで役の立つのかわからないものだ。

f:id:yachanman:20210226070055j:plain

次の一万円札、渋沢栄一

先のブログで書いた服部文祥さんと大前研一には妙な共通点がある。

本人ではなく、ともに次男が高校を卒業していないことである。それも悪さをして退学になったとかでなく、「行く意味がない」と自己意思で行っていない。

この二人の共通点という意味ではそれを容認してしまうところか。いずれも高校の価値に疑問を持っているのは確かだ。おそらく本人が疑問を感じながら通っていたのではないだろうか。

自分で高校に行かないと決めると、その責は自分に降ってくる。一方で、高校、大学と何の疑問も持たずに行くのは、自分の人生を選ばない、自分でリスクを取る必要がないことを示している。

どちらがいいかはわからないけど、自分で自分の人生を決められる最初のチャンスを多くの人は逃していると言える。

 

今、高校や大学の無償化と言っているが政党がある。おそらく「大学に行けないなんてかわいそう」、「大学に行けたらもっと活躍できたハズ」という意識から来るものだろう。

御年90歳になる相方の祖父などは

「大学に行っていたら総理大臣になれた」

と豪語する自信家なので、こういう人が大学に行けなかったのは残念だ。戦争と満洲からの引き上げで勉強は兄弟から教わったのみだったらしい。社会人野球の腕だけで会社に入ってみたら周囲は東大やら慶応やらの秀才ばかりで大変だったという。

ただ、行きたいのに行けなかったのは過去の話。

今や情報や学ぶ術が溢れているわけだから、安易な「無償化」は少子化で潰れるべき学校が潰れないという延命処置ではないかと思ったりする。

問題は高校や大学に行けるかではなく学ぶ意志なのだ。

 

ところで今私が興味があるのはプログラミング。

今の小学生は学校でプログラミングを学ぶ子もいるらしい。私が小学生の頃は、アメリカでパソコン授業があり、「スゲー」と思って帰国したら日本は算盤の授業があるだけだった(パソコンと算盤を並べるのはやや悪意があるが)。

よくわからんが、プログラミングで何ができるのかくらい知っておいた方がいいかなと。

結局、学校の価値とは「この世界は面白い」と感じさせることなんじゃないかと思う。

自然界とビジネス界のサバイバル~服部文祥と大前研一の本を読む

ここのところ読んだ本、もしくは読んでいる途中の本。

大前研一『考える技術』、『大前流心理経済学 貯めるな使え!』、『「国家の衰退」からいかに脱するか。』

服部文祥『サバイバル家族』、『岳人2月号-特集 服部文祥』、『狩猟サバイバル』

特定の筆者ばかり読む傾向にあるのだが、ジャンルが全然異なる。

片やビジネス、片や自然。両者に共通しているのは厳しい環境で「生き残る」ということだ。

 

生きるって難しいなとしみじみ思う。今さら何かという感じもあるけど。

雨に凍え、滑落の危険にヒリヒリするサバイバル登山家。暖衣飽食でも経営危機に四苦八苦する経営者。

みんな必死なのだ。

 

「第二次ベビーブームの真ん中に生まれて、生きるということに関しては、なにひとつ足りないものもなく育ってきた。じつはこれが私たちの世代共通の漠然として重大な悩みなのである」(服部文祥『狩猟サバイバル』)

今の日本の子どもは「死」から距離を置いて生きている。死は老人に訪れるものに決まっているし、死にそうなくらい腹が減ることもない。

太宰治が、食わなければ死ぬというのは奇妙な脅迫であるということを『人間失格』に書いていたが、戦後生まれの日本人というのは多かれ少なかれそうなのかもしれない。

f:id:yachanman:20210225072739j:plain

それでいくと、大前研一さんはビジネスの中だけにサバイバル要素をリアルに想像できるのではないかと思ったりする。

とんでもなく頭のいい人なのだろうが、受験失敗、原子力研究者、経営コンサルタント。人生のフルリセットを繰り返しながら、やりたいことを貫いている。

やりたいことを貫くのは、眼前に迫っていなくても、「死」が近づいている、人生が有限であることを常に意識しているに違いない。

 

どちらが正解というわけではない。しかし、どちらも必死ではある。そう必ず死ぬのだ。

問題はどちらの人生の方が「生きている」と感じられるかどうかかもしれない。