クモノカタチ

山から街から、雲のように思いつくままを綴ります

'90アメリカ滞在記・7歳の見た異国ー自由の国

7歳は日本では小学校1年生である。日本の小学生は毎朝、上級生に引き連れられてぞろぞろと通学する。帰る時はどうするのだろう。私の時は帰る時は自由だった。 私が日本に戻ってきてから通った小学校では夏は白いハット、冬は男子のみ黒のツバ付制帽だった…

'90アメリカ滞在記・7歳の見た異国ーワシントンD.C.

この文章はすべて記憶任せなので時系列も事実関係もどの程度正しいかわからない。何せ7歳だし、7歳が書いたと思って読んでほしい。 西・北と来たので今度は東に行ってみたい。東はワシントンD.C.まで行った。飛行機に乗ったのだろうか、車で行ったのだろう…

'90アメリカ滞在記・7歳の見た異国ーナイアガラへ

前回、西部に行った話を書いた。我が家は10か月の間に実は東西南北かなりの場所に行っていて、北は五大湖のナイアガラが最北となる。今度は北へと向かってみたい。 五大湖へは自宅から車で向かった。ケンタッキー州から北上すると、オハイオ州に入る。 「オ…

'90アメリカ滞在記・7歳の見た異国ー西部へ行く

アメリカを含む欧米の学校は概ね6月から8月は夏休みとなる。4月に入学した私はたった2か月で長期休みに入ってしまった。月曜から金曜はアメリカの学校で、土曜日は日本人学校に行っていたので、3か月まるまるの休みというわけではなかったが、それでも…

‘90アメリカ滞在記・7歳の見た異国ーアメリカに住む

私たちが住んだのはケンタッキー州レキシントンという街だ。 住まいは学校裏の閑静なアパートで、アパートであったものの、玄関へ続く石段は各家で別れており、中も二階建てで、極めて一軒家に近かった。 玄関をくぐると廊下があり、右手にダイニングキッチ…

'90アメリカ滞在記・7歳の見た異国ー出発

「昔、少しだけアメリカにいたんだ」 何かの話題にそう話すと、「へー!」と感心される。 「たった10か月だけどね」 「英語しゃべれるの?」 「当時7歳とかだから戻ってきたら全然」 これで少し英語がしゃべれたらカッコがつくのだが、英語は嫌いではない程…

秩父主稜縦走物語-続

鴨沢の雲取山登山口に着いたのは7時過ぎ。気品がないとか言ってごめんなさい、オジサンのおかげで早く着きました。 とにかく「登山」というタグを付けておきながらまだ登山は始まってない。 奥多摩湖から林道を少し歩いて登山道に入る。一旦登山道からまた林…

秩父主稜縦走物語

久しぶりに雲取山から甲武信ヶ岳方面に縦走してきた。 週末の天気予報を見ると晴れが連続していて、おまけにくそ暑いときていた。暑いのは嫌いなので、山へ避難することにしたわけだ。唐突な思い付きなので、高い山は止して低山で、それなりに涼しそうという…

ものぐさ経済論

4月から仕事が忙しくなるにつれて食事がひどく単調になってきた。一番多いのは寸胴鍋に湯を沸かし、生姜と塩で野菜や魚・肉をぐらぐら煮るだけ。味に変化を付けたい時はニンニクやハーブソルト、オリーブオイルを加えたり、白だしを入れて和風にしたりする…

いろいろ経済学

最近個人的に読書ブームである。それというのも引っ越して図書館が近くなったことによる。今までだったら絶対買わなかったジャンルの本も図書館でなら手軽に手に取れる。しかも立ち読み、座り読みも自由。どうしても最新版を読めないのは残念だが、タダで読…

利益とは何だろう?

最近、大前研一さんの本と立て続けに読んだ。大前さんの本は経営・経済の話だけかと思いきや、政治や果ては憲法改正議論まで広がっていて、今更ながら見識の広さに驚く。何冊か読んだが、読んで感心しているだけでは怒られてしまう。「ちょっとは自分で考え…

BLUE ICE YETI 50をレビューしてみる

ゴールデンウイークに二泊三日で北アルプスを縦走してきた。上高地から蝶ケ岳、常念岳、大天井岳、燕岳に繋げて、夏にはまあまああるコースではある。天候が持ちそうなので、残雪期にそれを持ち込んだ次第で、それほど目新しいものではない。天候の安定した…

便秘のなり方

せっかくの連休だからということで、上高地から蝶ヶ岳、常念岳、燕岳まで縦走してみた。天候には恵まれて、撤退する理由が見つからないのは良かったが、久しぶりのテント泊装備で体力低下が顕著に現れ、3日ともヨレヨレのヘロヘロになった。縦走の話も書き…

登山靴探し

夏用の登山靴を探して奔走している。 以前はLA SPORTIVAのTRANGO TRKというモデルを使っていて、結構気に入っていた。写真は歴代の3シーズン用登山靴で、一番下がTRANGOである。 この中では最も価格が高く(税込3万円弱する)、最もスポーティーな印象だ。…

市議会議員選挙

3月に引っ越す直前、住んでいたところで市議会議員選挙があった。選挙カーで候補者が名前を連呼していてなんとも喧しい。当方はこれから引っ越すので投票日には有権者ではないのだ。 引っ越した先でやれやれ静かになったと思っていたらこっちでも市議会議員…

東大寺の鐘

電車の扉の上に付いている小さな画面でノートルダム寺院で火災という記事を見た。 後輩のリッチ君が「日本で言えばどんな感じでしょうね?」と訊くので、「法隆寺が燃えたくらいじゃない」と答えたら、「それは大変だ!」と返ってきた。ただ、「奈良と言えば…

結婚、決闘

先週は珍しいメンバーで飲み会をした。いずれも社内で、年の順に今年40になる先輩、私、29の後輩2人。29のうち1人は男、1人は女という構成。年頃というにはもう40の先輩や私は過ぎているが、話題はどうしても結婚ということになる。飲み会の紅一点は30の…

迷惑な贈り物

本社が移転して、移転祝いにたくさんの花が届いた。 こういう場合の花は胡蝶蘭が大半となるのはどういうことだろう。私は別にこの花が好きではないので毎度不思議に思う。 贈り主もこの花が本当に好きなのだろうか。金額がそこそこ高い、花弁が散らないので…

公園アスリート

休みの日に公園を探しに出かけた。 いい大人が公園で遊ぼうなど、ちょっと頭がおかしいと思われるだろう。 ほっといてください。 懸垂ができる公園がないかと走り回ったものの、最近の公園は遊具が少ない。わりと広い公園が近所にあったので、行ってみたらワ…

ぜいたく税

ラジオも何かにつけて「平成最後の」を付けるようになってきた。本屋の新刊にも「平成とは」とか「平成の総括」といった内容が増え、一つの時代が終わることを強調したものが多い。 ただ、平成が終わることで何かが変わるわけではない。普段われわれは今が何…

最近、運動不足なので自宅から新宿まで走ってみた。事前にGoogleマップで確認すると23kmあるらしい。 中央線沿いに走ると三鷹とか吉祥寺とか聞いた名前はあるものの、駅前に近づかなかったので、町としての印象は特にない。というか日本の町には本当の意味で…

敗退の山

気が付いたらもう2ヶ月も山に行っていない。 「まだ登山やってるの?」と訊かれると「やってますよぉ」と応えるものの、現在は開店休業中といった具合だ。そろそろ行かないと登れなくなりそうで怖いのでとりあえず通勤時に駅まで駆け足をして運動不足を補っ…

社長室の扉

社長室の扉の話をしたい。抽象的な社長と社員のつながりとか、会話という話ではなく、物理的な扉の話である。 社長と言ってもいろいろあって、1万人を超える社員を率いる社長とか、従業員が1人しかいない社長、オーナー社長にサラリーマン社長、雇われ社長…

友達の作り方

普段、読書は好きだがマニュアル本やHow to本はあまり読まない。特に自己啓発本のような「こうしなはれ。しないからあなたはアカンのです」といった本は心の負担になるので嫌だ。 ところがスマホになってからは困ったらすぐに検索するようになった。法律から…

バイリンガル

正月に実家へ帰って1年ぶりに弟と会った。去年は半年イタリアの大学で過ごし、南アフリカやブルガリアの学会などにも参加したらしい。世界中飛び回ってエンジョイしている。 彼はイタリアへ行ったのを機にイタリア語の勉強を始めたという。語学は彼の趣味で…

オクさん、カミさん

「最近は事務職希望の男の子もいるんだって」 人事担当者の雑談が耳に入ってきた。「草食系」なんて言葉が出てきた頃なのでそれほど古い話ではない。話していた人もさほど年配ではない。しかし、事務は女性の仕事という固着した意識があるらしく、その人は「…

芝刈り

30年近く前にアメリカにいたころ住んでいたのはメゾネットタイプのアパートだった。壁を隔てて隣と接しているが、2階建てで基本的に独立している。玄関から廊下を通り抜けるとリビングで、その外には青々とした芝生が広がっていた。時々リスやケンタッキー…

お天気下駄

冬になると週末の天気予報を見る回数が増える。今週末は登山ができるだろうかと、特に計画していなくても見てしまうのだ。 なぜ冬かと言えば、冬は晴れ雨雪といった予報だけでなく風予報が重要で、風が強いとなればスッパリ諦めないと命にかかわる。「さて、…

冬の甲斐駒ヶ岳

今年も成人の日の3連休に冬の甲斐駒ヶ岳に行ってきた。韮崎駅から路線バスで道の駅はくしゅうで下車。そこから1時間歩いて竹宇駒ヶ岳神社から入山。黒戸尾根から頂上を目指す。 黒戸尾根は累計6回目、冬だけで5回目だ。最もシツコク登っているルートであ…

背負い投げ

そろそろ引越しを考えている。今の住居に住んではや10年以上経つが、いろいろモノが増えた。最たるものは自転車で、1台は玄関、もう1台は部屋の奥で逆さになっていて現在2台ある。パソコンとスマホもここに越したころにはなかったものだ。一方で「冷風扇…